» 2013 » 11月のブログ記事

今日の一曲(11.30)

| ブログ | |


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ
 ←こちらを、クリックお願いいたします!!

みなさま、こんばんは 。村上リサです。本日2回目の更新です!

 
【今日の一曲】
「バラ色の人生」 E・ピアフ 作詞   P・Louiguy 作曲

今年は、ピアフの没後50年。パトリシア・カースもジル・エグロの来日公演も、オールピアフのプログラムでしたね!
言わずと知れた、ピアフの代表作「バラ色の人生(ラヴィアン ローズ)」。
幸せ一杯の溢れんばかりのメロディーを、塩田美奈子さんの歌で聴きましょう。素晴らしい表現力ですね!!




来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。


なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

 

読者登録してね

 

道具(楽器)への思い!

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!

———————————————————————-


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!(たくさんの、ボーカリストたちの素敵なBlogがたくさんありますよ!!頑張っているボーカリストたちのBlogを、どうぞよろしくお願いいたします!)

たくさんのみなさまの読者登録、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します!



みなさま、おはようございます。村上リサです。

明日から、12月。本当に一年が速く感じられますね。

同じ一年といっても、10歳の時は今まで人生の中の10分の1、20歳の時は20分の1、・・・・、とだんだん分母が大きくなっているのですから、若い頃より相対的に短く感じるのは当然といえば当然ですね!(いつもいうけど!)

さて、「青い部屋」の『月曜シャンソンコンサート』も終わり、横浜・関内の「155ダイナー」での「クリスマスソロライブ」で全曲弾き語り(歌い弾き)に向かってシフトチェンジしています。

ピアノの無いレストランなので、自前のピアノを持ち込みで行います。

いろいろと考えた結果、自分で運び込めるようにと、76鍵の軽量の電子ピアノ(普通のものは88鍵)を購入しました。

普段使っているものが、12.0Kgぴったりあるのですが、こちらは5.7Kg。

半分以下で、ウソのような軽さです。

これなら担いでだって行ける。そんな確信を持って、購入しました。

そして、昨日は、初めて予行練習。

近所の、カラオケルームに持ち込んで、弾き語りの練習です。

家で練習する場合には、ピアノだけの練習なら音を絞ったり、夜だとヘッドホンを使えば可能なのですが、歌は声が大きいので、近所迷惑。(以前は、歌い始めると、隣の部屋の人が決まって外出するので分かりました)

さて、練習室(カラオケルーム)で持込みの電子ピアノで、初の弾き語りを始めてみると、あまりにもイメージと違いすぎ!

家電量販店で試し弾きしたときは、BGMや周りの雰囲気に影響されて、きれいに聴こえたかに感じていたのですが、クラシック発声の自分の歌声を合わせた場合には、ピアノの音質が軽すぎて、安っぽいサウンドに聴こえてしまいます。もう滑稽なほど!!

ここで考え直してみました。

普段なら、自分が我慢すればいいことはよくありますが、わざわざ、人生の大事な時間を、私の歌を聴くためにライブ会場まで足をお運び下さるお客様に、我慢させてはならないのではないか!

それより、自分の専門分野なのだから、この道で覚悟を決めて(初の弾き語りではありますが)、頑張って行くのだから、サウンドに関しては絶対に妥協してはならない部分だと思うのです。

「音の良さより軽さを選ぶ」と本気で思ったら、その瞬間に、演奏家としては終っている!!!

この新しい電子ピアノ、正直言って、私の歌の伴奏には物足りない。というか、プロとして、お客様にお出しする商品にはならない!

と言うことで、本当はアコースティックなグランドピアノが一番いいのですが、スタインウェイやベーゼンドルファーとまでは行かなくても、100歩譲って、少なくとも普段自分の使っている電子ピアノぐらいの音は欲しい!

IMG_0138



しかし、重量が重すぎる上に、ハードケースの値段がもの凄く高いのではなかったっけ、・・・?

それでも、あきらめずに、調べればあるもの!

Amazonで32,445円!!

これしか無いでしょう!

これで、宅急便の会社に頼めます。もちろん特別扱いですが!

多少高い輸送費がかかったとしても、その辺りは、サウンドと演奏のクォリティーを取るべきです。

目先の利益など、比べる対象ではないのです。

それにしても、歌いながら弾いてみないと分からないものですね!

正直言って、私も驚きました。

次に買う時は、楽器専門店の「試し弾きコーナー」で「弾き語り」の試鍵をしているかも知れませんよ!(笑)

プロとしては、道具(楽器)には、愛情とこだわりが必要!!

というか、自然にそうなると思います!

バットやグラブを毎日必ず手入れする、イチロー選手のように!!




シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!



来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。

なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。

 

フェイスブックページ


人気ブログランキングへ  ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

今日の一曲(11.29)

| ブログ | |


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ
 ←こちらを、クリックお願いいたします!!

みなさま、こんばんは 。村上リサです。本日2回目の更新です!

 
【今日の一曲】
「アヴェ マリア」 カッチーニ 作曲

11月25日の「青い部屋」の「月曜シャンソンコンサート」で、真汐かれんさんが、この曲を歌われました。
崇高なメロディーに心が洗われました。
この曲で有名のなは、今はなき、本田美奈子さんですね。
アイドル歌手として出発して、本格的に声楽を志し、ミュージカル「ミスサイゴン」ではオーディションでこの役を自分のものにして、大活躍。
その後は、日本における、クラシカルクロスオーヴァーの世界をリードして来た歌姫。
アイドル路線から、よくぞここまで、・・・!




来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。


なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

 

読者登録してね

 

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!

———————————————————————-


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!(たくさんの、ボーカリストたちの素敵なBlogがたくさんありますよ!!頑張っているボーカリストたちのBlogを、どうぞよろしくお願いいたします!)

たくさんのみなさまの読者登録、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します!



みなさま、おはようございます。村上リサです。

シャンソン・カンツォーネの世界では新参者ではありますが、オペラ・クラシックを含めると、かなりの時間を、音楽と向き合って来ました。

声楽家以外の仕事では、中学校の音楽教師を務め、その後少しだけ小学校にも勤めた経験がありますので、一般教育としての音楽を教えた経験はあるのですが、専門教育の分野では、今回が初めてです。

一見何も変わっておらず、やっている作業そのものには大差は無くても、この二つは大きな違いがあります。

レベルの問題は別として、一般教育では、「音楽」で教える。

専門教育では、楽しみの要素はあるにせよ、「音楽性と技術の向上」を目指すことが一番最初に来ます。

それぞれの歌い手さんが、レベルは違えど、目標に向かって、成果を上げなくてはなりません。

目的一番、目標2番!

何のために、どういう結果が欲しいのか?

それは、一人ひとり、違うと思います。


例えば、同じことを、同じメソッドやカリキュラムに従って、習ったとしても、教える側と教わる側の相性も重要な要素です。

これは、単に性格が「合う、合わない」、と言う部分とは違った、思考の認識回路の違いとでも言うのでしょうか?

よく、同じクラスでも、担任の先生が変わると急に成績が下がったとか、聞くことがあります。

「うちの子が下がったのだから、みんなも下がっているのだろう!」

「今度の担任の先生は、指導力に問題があるのかな?」

などと思って、周りを見ると、必ずしもその限りではなくて、焦ったりするケースもあるのではないでしょうか?

先生が厳し過ぎたり、逆に甘過ぎたり、褒められてやる気が高まっていたり、過度の叱責と感じて、意欲が低下したり、さらに、その教科が嫌いになってしまったり、逆に好きになったり。

人間同士の関わりですから、いろいろな要素が複雑に影響し合っていることでしょう。

しっかりと、言って聞かせて、理論的に説得し、聴覚を通して心に訴えるタイプ。

よく見ること、観察することを大切にする、視覚重要視タイプ。

難しいことはあまり考えずに、体を動かしながら、繰り返し「体感」させることによって、体に染み込ませるタイプ。

その他にも、様々な複合型を含めて、いろいろなタイプがあります。

もし、教える達人がいるとしたら、相手によって、これらの要素を、的確に組み合わせて、それそれの生徒に合った、最適な方法を用意することでしょう。

「教えることの第一歩は、まず、(教わる)相手をよく観察することから始まる」と言われる所以です。

逆に、最低な方法は、ある一定のメソッド(教育課程)に全ての生徒を画一的に当てはめてしまうこと。

でも、義務教育の、一斉授業だと、中々難しい場面は確かにありました。

田舎の中学校だったので、音楽教師だというのに、歴史(社会)と数学の仮免許を申請して、1、2年生各2クラスの歴史と数学を担当していたこともありますが、中学校だと、高校受験を意識してしますのです。

用意された問題に対して、一つの正しい答えが出せるように、「暗記」が中心だったり、「計算方法(約束事)」を覚え、「いかに問題を公式に当てはめて解決できるか」の速さを競い、ミスの少なさを競うという、ニーズに応えられる力を付けさせてあげられるかに尽きるような気がします。寂しいことではありますが・・・!

本質的な部分は、歴史が動く瞬間の、人々の心の動きだったり、普遍的な真理だったり!

暗記すべき内容とは、本来は、正しく考えたり、判断力を養ったりするための材料に過ぎなかったりします。

それを考えると、「教育とは」、知識の量やミスの少なさで、人を振り分けている部分が大きくて、経済成長とともに、社会に必要とされるタイプの人間を養成、選別しているマシーンではないかと思ってしまって、矛盾を感じたこともありました。

本来は、学ぶことは「楽しいこと」のはずなのに!

知らなかったことや、分からないことが理解でき、出来なかったことが出来るようになり、他人から認められて自分の存在に重要感を持つことが出来、「人の役に立ちたい」と思える人が増えるようになることが第一歩だと思うのですが!

それには、叱咤激励も時には重要ですが、これは本質ではない気がします。

出来るまで、分かるまで、待ってあげること、時間はかかってもいい、そして、生徒自身が、心から褒められるうれしさ、人に喜ばれる嬉しさを感じることが出来、自信を持って生きていければ、今、巷で繰り返されている、つまらないトラブルはずいぶん減って行くことでしょうね!

それにしても、最近、悲しいニュースが多すぎますね!!




シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!



来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。

なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。

 

フェイスブックページ


人気ブログランキングへ  ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

今日の一曲(11.28)

| ブログ | |


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ
 ←こちらを、クリックお願いいたします!!


みなさま、こんばんは 。村上リサです。本日2回目の更新です!

 
【今日の一曲】

「シューベルトのアヴェ マリア」←ここをクリックしてください!

先日の、青い部屋の「月曜シャンソンコンサート」で久しぶりに「アヴェ マリア」をドイツ語で歌いました。
そして、真汐かれんさんも、カッチーニの「アヴェ マリア」を歌われました。
このようなクラシック調の曲もいいものですね。
こちらは、アンドレア・ボチェッリが、ラテン語バージョンを歌っています。

来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。


なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

 

読者登録してね

 

大酉祭で心をリセット!

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!

———————————————————————-


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!(たくさんの、ボーカリストたちの素敵なBlogがたくさんありますよ!!頑張っているボーカリストたちのBlogを、どうぞよろしくお願いいたします!)

たくさんのみなさまの読者登録、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します!



みなさま、おはようございます。村上リサです。


昨日はいつも 、コンサートの成功祈願と、お礼参りを欠かさない、新宿「花園神社」の大酉祭の三の酉。

image


ちょうど、月曜日に青い部屋のシャンソンコンサート、火曜日にシャンソン教室があって、なかなか「お礼参り&次回の成功祈願」に行けなかったのですが、何とか、三の酉が終わるまでにご挨拶に伺いたいっと思っていました。

本当に人が多く、11月の3日間、前夜祭を含めると、6日間で延べ60万人の人出があるとのこと。

一日あたり10万人ぐらいのということですね!

寒い中を長時間参拝の列に並ぶのも、体に悪いので、比較的人の少ない深夜の時間帯を狙って、自転車で行ってきました。

時刻は夜中の12時を回っているのに、この賑わい!

image


所々の出店から、熊手を買った人たちの、威勢のいい3本締めの声が上がっています。

image

周辺の各食べ物屋さんからは、美味しそうな焼きそばや、イカ焼きの匂い漂っています。

本来は、参拝が目的なので、各お店に立ち寄ることはありませんでしたが、いつも必ず一緒にお参りしている2つの祠(ほこら)、芸能浅間神社と威徳稲荷大明神にも欠かさずお参り!

出店や人が多くて、歩き慣れた境内の位置関係がわかりにくいほど!

そして、驚くことに、この二つの祠の周りは、周りの喧騒とは対照的に、普段にも増して静まり返り、特別参詣する人の影もありませんでした。

本当に、お気の毒なほど、静まり返るようでした。

いつもより、特に入念に、祈りを捧げました。

もう何年になるでしょう、西新宿の住友ビル49回のギャルソンパブのショーダンサーをやっていた、最後の頃からですから、もう4年目に入ったところです。

最初は、何もわからずに、参詣していたのですが、芸能関係者の信仰を集める「芸能浅間神社」の存在を知ったのはつい去年の事。

それまで、もう一つの祠、威徳稲荷大明神(子宝と縁結び)を芸能関係の神様とばかり思い込んで、肝心の神様の前を素通りしていたのですから、おめでたい私!

昨日は、花園神社(ウカノミタマ)に合祀されている、大鳥神社(ヤマアトタケルノミコト)のお祭り。

花園神社は、さらに、もう1柱の雷電神社(ウケモチガミ)の三柱を合祀して、内藤新宿の総鎮守とされています。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい! ⇦ ここをクリック

大鳥神社は、ヤマトタケルノミコトを商工業の神様として祀ってあり、命日である11月の酉の日がお祭りです。

特に商人にとっては、師走の書き入れ時をひかえて、鳥(とり)は、取り(とり)につながり、縁起がいいということで、熊手を買い求める人たちで賑わいます。

リサにとっては、千客万来祈願と、芸能関係での成功をまとめて祈願できる、最高のパワースポットなのです!

さあ、関内の「155ダイナー」のクリスマスソロライブの全曲弾き語り、そして、1月のキンケロ・シアターの「シャンブル ド シャンソン」に向けて、頑張っていきましょう‼︎




シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!



来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。

なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。

 

【村上リサ ホームページ】

フェイスブックページ


人気ブログランキングへ  ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

今日の一曲(11.27)

| ブログ | |


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ
 ←こちらを、クリックお願いいたします!!

みなさま、こんばんは 。村上リサです。本日2回目の更新です!

 
【今日の一曲】
「ともしび」 ロシア民謡

第2次世界大戦の頃、流行した歌で戦争によって引き裂かれる男女、そして戦友。
当時のロシアでは至る所にあった光景。

今朝のブログでご紹介した、あの先生が教えてくださった歌で、やはり音楽を志したことのあるの父も、なぜかPTAの会合の後に、歌うようになっていました。(笑)

フォレスタの歌で聴きましょう。







来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。


なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

 

読者登録してね

 

忘れられない先生

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!

———————————————————————-


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!(たくさんの、ボーカリストたちの素敵なBlogがたくさんありますよ!!頑張っているボーカリストたちのBlogを、どうぞよろしくお願いいたします!)

たくさんのみなさまの読者登録、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します!



みなさま、おはようございます。村上リサです。


「中学校で学年主任や生活指導担当(生徒指導主事)をやった経験があります」などと言うと、「さぞや、子供の頃から成績がよかったのでしょうね!」などと言われたことがあります。

ところが、何を隠そう、小学生時代の私は勉強が大嫌いの劣等生。

低学年の頃は、34人のクラスで32番ぐらいの成績だったと聞いたことがあります。

音楽大学の声楽科を卒業しましたが、子供の頃は音楽の授業が大嫌いで、連絡票(通信簿)で「2」を取ったりしていました。

一学年70名ほどの中で、6年生になると、その中から鼓笛隊の特殊な楽器(教師による選抜組)の15名ほどが割り当てられるのですが、もちろん私は選ばれずに、その他大勢のうちの一人でした。

成績が悪い上に、社会性・協調性がなく、ケンカばかりしていて、問題児の烙印まで押されたことがあります。

そんな私に、転機が訪れたのは、小学校6年生の時、転任して来られたばかりの、非常に熱心な音楽の先生に出会ってからです。

その先生は、非常に厳しく、また、こだわりが強く、子供の目から見ても、先生方の中では異色の存在でしたが、偏見とか贔屓目とかがなくて、劣等生でも非常に公平に接してくれたように思います。

そして、ある時、独唱のテストが行われ、(それは、皆の前で教わった曲の中から、どれか1番だけを歌うというものだったのですが)、その時に、「誰が一番良かったと思う?」と全体に話を振りました。

子供達は、さすがに教師の意図を察知する力は養われて来ましたので、この、私たちの音楽だけを担当する、他学年の担任の先生が、誰の名前を挙げて欲しいのかを感じ取ろうとします。

よく、名前が上がる優等生。ピアノが弾ける人。普段から「教師組」との距離感の近い一群。

すると先生は、一通り名前が挙がった人たちを認めた上で、また、一人ひとりがよく頑張ったことを讃えた上で、「今回一番練習して素晴らしかったのは・・・」。

皆が、固唾を飲んで聞いている中で、先生の口から発せられた名前は、全員が耳を疑う私の名前‼︎

「一瞬あり得ない」という雰囲気がなかったわけではありませんが、一番驚いたのは当の本人、この私!

今まで何の取り柄もなく、甘やかされて育った、わがままな魚屋の一人息子(今は娘)。

全く「うだつ」が上がらなかったのです。

今風に言えば、クラスのポール・ポッツ、いや、スーザン・ボイル!

正直言って、当時は、何をやっても長続きしなくて、ピアノも辞めてしまっていたし、児童合唱団や、特別なボイトレをやっていたわけではなかったので、そのレベルたるや、高が知れていたと思います。

しかし、先生の何気ない一言というのが、生徒の心に大きく影響するもの。

子供心に、大きな自信と元気を頂いた覚えがあります。

そして、人の一生を左右するような決定的な一言だったりします。

その後の私は、迷わず音楽大学の声楽科に学んで、オペラやコンサートへ出演。今でも音楽関係の仕事についているのですから、影響力の大きさには改めて驚かされます。

この先生が、「凄いな!」と今でも思うのは、ピアノの腕でも声の良さでも、人並外れて熱心で情熱家であることでもないのです。

「褒めることが上手であること」と、もう一つは、「どんな前評判が悪い生徒(私)にも、偏見を持たないで接するお心を持っておられたこと」です。

芸術家(音楽の先生)は、心が純粋なんだと改めて思った瞬間でした。

この、「例え相手が問題児だとしても、時には自分と張り合う相手であっても、いいものはいい、正しいことは正しい!」と言い切れる潔さと、身の回りの小さな利害関係や損得感情に振り回されない、芸術家魂!

その心に惚れちゃうね!!

崇高な芸術に仕える偉大さを感じて、「この人は本物だ!」と思った瞬間でした。

この心だけは、私も生きている限り、永遠に持ち続けたいものだと思っています。

あれから、随分年月が経ちますね。

今でもお元気かな?



シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!



来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。

なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。

 

【村上リサ ホームページ】

フェイスブックページ


人気ブログランキングへ  ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

今日の一曲(11.26)

| ブログ | |


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ
 ←こちらを、クリックお願いいたします!!

みなさま、こんばんは 。村上リサです。本日2回目の更新です!

 
【今日の一曲】
「夜のタンゴ」 H・F・ベックマン作詞 H・O・ボルクマン作曲
ドイツタンゴの代表作。1937年の映画「夜のタンゴ」の主題歌。
夫に疑われて家を出て、夜の女に身を落とした妻。復縁するも、悩み抜いて自殺してしまうという悲惨なストーリーです。
この曲を日本語訳で歌ったのですが、文語調で格調高く、中々覚えられず昨日のライブでは直前まで暗譜に苦労し、皆様の温かいパワーを戴いて本番は大過なく歌えました!
割と声を張って歌ってしまいましたが、ありがたくも、温かい拍手を頂戴いたしました。

それにしても、ドイツの作品の中には、救い様のないほど暗い作品がありますね。
例は変わりますが、シューベルトの3大歌曲集のうち、「美しき水車小屋の娘」も主人公が自殺。「冬の旅」の最後の第24曲「ライエルマン」は死を意味します。

主人公の悲惨な死を以て、観客や聴衆に訴えかける伝統的な手法があるのでしょうか?
ゲーテの「ファウスト」もそうですね。

そういえば、ドイツに限らず、ギリシャ悲劇や、オペラセリア主人公が死ぬところが共通していますね。
もう少し、学ばなくてはいけないようです!





来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。


なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

 

読者登録してね

 

「我」を捨てると「吹っ切れる!」

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!

———————————————————————-


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!(たくさんの、ボーカリストたちの素敵なBlogがたくさんありますよ!!頑張っているボーカリストたちのBlogを、どうぞよろしくお願いいたします!)

たくさんのみなさまの読者登録、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します!



みなさま、おはようございます。村上リサです。


昨日は、「青い部屋」の「月曜シャンソンコンサート」でした。

いま、ライブ後、帰宅してこのBlogを書いています。

沢山の皆様にお越し下さり、ありがとうございました!

そして、素晴らしい共演者の皆様にも感謝です!

数日前に、風邪で喉を壊しかけて、黄色信号がともっていたのですが、しっかり2日間休んだせいもあって、喉の回復は昨日の時点で確信ておりました。

そうすると、不思議と、初めて歌う曲で、「歌詞を忘れはしないか?」という、新たな不安が、・・・・。

正直に言いましょう。

昨日、本番前の昼の歌い込みの時、声の状態はかなり良くなったと実感できました。

そして、今回初めて取り組み、よく歌い込んだ、「夜のタンゴ」が、コンサート当日の昼だと言うのに、歌詞の途中の歌い出しを間違えること連続5回。

しかも、全部違う場所。

内心、「これはまずいぞ!あれだけ歌い込んで曲は出来ているのに、2日休んだだけでこれほど忘れてしまったのか!いや、今回は暗譜の練習が足りなかったか?」と覚える方での赤信号!

黄色ではなく、完全に赤信号!

「このままでは、お客様にはお出しできない!」、そう思って、何度も歌っている「ジプシーの恋歌」に急遽変更!

電車に乗って、歌詞を思い出していると、今度は、後半に歌う予定のピアソラのアルゼンチンタンゴまで、「久しぶりだし、伴奏とずれたらどうしよう?」などど不安が拡大!

その瞬間に思ったのです。

これは、本番を前に弱気になっているな!というか、大事に行き過ぎ!すなわち、守りに入っている!

なぜ?

私自身、「いつもよりも、私のお客様がたくさん来てくださって、ボロを出したくない!大事にいきたい!」と思っているのかな?

それとも、音大出身の共演者が多いこともあってか、同じように音大出身者として、「一つもミスしないように、引けを取るまい!」と力んだ気持ちの裏返しか?

どちらかは分かりませんが(両方か?)、とにかく、このままでは、出来ることまで出来なくなってしまう!!

目標は簡単にあきらめてはいけない!

それに、こういうことは、意識して打破しなくてはならない。「弱気は最大の敵!!」

そう思った瞬間、気持ちを切り替えたのです。

「今から曲目を差し替えるのはやめよう!」

そして、「前々から予定していた曲を全部歌おう!」

「今は、神経質になっているだけだ!」

「それに、あれだけ練習して来たんだ!小さいことなど気にせず、本来の自分でやればいいのだ!色気を出すんじゃない!」

そう思った瞬間、気持ちが吹っ切れました!


スクリーンショット 2013-11-26 3.08.02


「そして、これだけお客様に来ていただくのだから、そのお客様に心から楽しんでいただこう!自分がいいところを見せるのではなく、出来るだけのことをして、少でも今日は来てよかった!『リサの歌が聴けてよかった!』と思っていただけることだけを目指し頑張らなくては!」とその一心で舞台に上がりました。

すると、舞台の上で、応援してくださる人たちのお顔が見えたり、客席からのもの凄いパワーを感じて、いつもよりもさらに落ち着いて歌い進めることが出来たのです。

もちろん、ほとんど間違えず、(正確には1箇所、歌詞を間違えた)、歌い切ることが出来ました!

驚いたのは、「わがの我(が)」(人を押しのけても、私が、私が、・・・・・、と言う気持ちを)を捨て切れると、お客様や、周りから不思議なパワーがいただけるんです。

「よく思われたい」とか、自分の損得で動くのを超えた、自分以上のもっともっと大きくて崇高な目的、「少しでも、人を幸せにしたい!!」という動機に動かされている幸福感等でもいうのでしょうか。

もちろん、自分がすごいわけでも何でもありません。

「動機と目的」が素晴らしいのです!

そして、そういう目的で動こうとしてる時、弱気の虫は完全に鳴りを潜め、強い気持ちを持つことが出来る!

自分のためより、人のために頑張ろうとする時の方が、「変な上がり」や「邪心」がなくて、強い気持ちを持つことが出来る!

結果として、自分にとっても、その方がありがたい結果に結びつきやすいようです。

不思議なものですね!

ほんのちょっと、意識というか、「行動の動機、目的の主人公を、多くの人たちのため」と置き換えることで、自分がこんなに強く、自由になれるとは!

そして、いただいた拍手の中に、比類なき幸せ観を感じるとは!(もちろん、それを望む「自分」という「我」がいるのは当然ではありますが!)

すいません、温かい拍手を戴いた感動がよみがえり、うれしさに興奮しながら書かせていただきました!

やはり、私は「人の役に立っているな!」と感じながら、一心に何かに打ち込んでいるときが、一番嬉しいようです!

誰でもそうなのかも知れませんね?!




シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!



来春、1月19日(日)の昼と夜に行われる、「青い部屋×キンケロ・シアター」の「Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスピリッツ〜vol.3」、<新春歌合戦スペシャル!>に出演することが決定いたしました。

IMG_0367



IMG_0369



日時 2014年 1月19日(日)昼夜公演
<昼の部> 開場12:30 開演13:00
<夜の部> 開場17:00 開演17:30
料金 6800円
会場 キンケロ・シアター
   〒153−0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
   03-3494-1138



私、村上リサの出演は、18日は出演せず19日の昼と夜のみとなっております。


どうぞ、お間違えの無いようにお願いいたします。

なお、「チケットのお求め」はホームページの「お問い合わせページ」(←ここをクリック)からお願いいたします。

 

【村上リサ ホームページ】

フェイスブックページ


人気ブログランキングへ  ←よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

« 前ページへ | メインページ |

最近のコメント