» 2016 » 1月のブログ記事

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【ラフォーレ ライブ】
 素敵な仲間のハーモニーライブ

日時 2月16日(火) 
開場14:30 開演15:00

会場 ラフォーレ
    (杉並区阿佐ヶ谷北2−13−16 小林ビル1F)

出演 村上リサ(Vo)・ エミ小堺(Vo)
   アリア(Vo&ナビゲーター)
   豊嶋裕子(P&Vo)
  
料金 3,500円(1ドリンク付き)

ラフォーレライブ直し



NEW
【昼下がりのシャンソン】

日時 3月13日(日)開場14:00 開演14:30 

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前 
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円 


【月曜シャンソンコンサート】

 「重唱(お熱い)のはお好き?」 VOL,2

日時 4月4日(月)
開場 18:00 開演 18:30 
 
会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、戸川昌子、 NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,500円

お熱いのはおお好き?



ご好評につき、再演決定!!
つづら薫さん、川島豊さん、長谷川智子さんたちとともに、2重唱や4重唱が盛りだくさんな、スペシャルなコンサートです。                                  

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



フェイスブックページ


===========================================

おはようございます、村上 リサです。


もう、3日も経ってしまいました。月曜日は、久しぶりの「青い部屋」の「月曜シャンソンコンサート」でした。


たくさんのお客様、共演の方々、スタッフの皆様、ありがとうございました!

月シャン'16.01.25



次回の「月曜シャンソンコンサート」への出演は、4月4日の「重唱(お熱いの)はお好きvol.2」です。


2重唱や4重唱が盛りだくさんです。


どうぞ、ご期待下さいませ。


そして、2月16日(火)の「ラフォーレ」の「素敵な仲間のハーモニーライブ」、午後3時の開演です。(2時半開場)


ご一緒に、楽しいひとときを過ごしましょう!


さらに、さらに、・・・・。


3月13日(日)の「シャンパーニュ」の「昼下がりのシャンソン」!!


いつも通り、2時開場、2時半開演となります。


お時間がございましたら、それぞれの、リサの違った側面をご覧いただければと思います。


いつもたくさんのお客様のご来場、ありがとうございます!

頑張りたい気持ちが、ますます高まる今日この頃です!!!


スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21



フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

10年目に

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

日時 1月25日(月)
開場 18:00  開演 18:30 

会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                          (東急本店裏手)
 

出演 村上 リサ、戸川昌子、 NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,500円

※こちらのチケットは完売しておりますが、追加も大歓迎です!!




【ラフォーレ ライブ】
 素敵な仲間のハーモニーライブ

日時 2月16日(火) 
開場14:30 開演15:00

会場 ラフォーレ
    (杉並区阿佐ヶ谷北2−13−16 小林ビル1F)

出演 村上リサ(Vo)・ エミ小堺(Vo)
   アリア(Vo&ナビゲーター)
   豊嶋裕子(P&Vo)
  
料金 3,500円(1ドリンク付き)

ラフォーレライブ直し



NEW
【昼下がりのシャンソン】

日時 3月13日(日)開場14:00 開演14:30 

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前 
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円 


【月曜シャンソンコンサート】

 「重唱(お熱い)のはお好き?」 VOL,2

日時 4月4日(月)
開場 18:00 開演 18:30 
 
会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、戸川昌子、 NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,500円

お熱いのはおお好き?



ご好評につき、再演決定!!
つづら薫さん、川島豊さん、長谷川智子さんたちとともに、2重唱や4重唱が盛りだくさんな、スペシャルなコンサートです。                                  

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



フェイスブックページ


===========================================

おはようございます、村上 リサです。


歌のことではありません。


中堅教師として、脂がのってきたといわれるころ、悩みに悩んで性転換手術。


特に、最後の勤務校の頃は、本当に大勢に方たちに、自分の存在自体が男とも女とも付かないような、中途半端な状態で、ずいぶん迷惑をかけたことと思います。



そして、ちょうど10年前、2006年の5月にタイで性適合手術を受けて、男性としての生き方に区切りが付いたのです。



あれから、10年。前半の約5年はギャルソンパブ(新宿住友ビル49階のショーレストラン)、そして、その後は、シャンソン・カンツォーネ歌手として勉強しながら夢中でやってきました。


いろいろあったなぁ!


思い出すのは、手術が終わって通訳の方がお見舞いに来てくれた日。


バンコクの野外は45度。病室は冷房のほどよく効いた個室なのに、やたらに暑い!
そうです、性転換するとホルモンバランスが崩れて、慣れるまでは体温調節がうまくいかないのです。


寒すぎる病室。



お見舞いに来てくれた、知り合ってまだ日も浅い、通訳の方の顔を見たとたんに、あふれる涙。


自分でもわからない。


なぜか、涙が止まりません。



もう引き返せない。だけどこれは、自らが望んだ道。



悲しむ家族。


自分の悩み、苦しみからの解放。


ふくらむ人生への不安。


頭の中が錯乱して・・・。


乾いていた、私の目、私の心。


涙に濡れて、心が濡れて、・・・。


そして、そこからが「生きていこう」というエネルギーの始まりだったのです。


あの冷え切った病室で、通訳の方と流した涙。


「寒さ」、「涙」、そして「心のリセット」。


心に染みついたのです!



野上彰先生の詩に感動した、小林秀雄先生がメロディーを付けた歌、「落葉松(からまつ)」。


「落葉松の秋の雨に私の手が濡れる・・・・・」


さあ、気持ちがのめり込みすぎないように、・・・・・。


あの日の涙を心に秘めて・・・・。


「月曜シャンソンコンサート」(1月25日)の舞台で!!



※1月25日のチケットは完売しておりますが、追加は可能です!


スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21



フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

二つのコンサートを聴いて

| 未分類 | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

    日時 1月25日(月)開場18:00 開演18:30 

  会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                                     (東急本店裏手)
 

  出演 村上 リサ、戸川昌子、 NERO、他
 
  伴奏 中上香代子

    料金 3,500円


※おかげさまで、こちらのチケットは、残りわずかとなりました!




NEW
【ラフォーレ ライブ】
 素敵な仲間のハーモニーライブ

  日時 2月16日(火) 開場14:30 開演15:00

  会場 ラフォーレ(杉並区阿佐ヶ谷北2−13−16 小林ビル1F)

  出演 村上リサ(Vo)・エミ小堺(Vo)・アリア(Vo&ナビゲーター)・
     豊嶋裕子(P&Vo)
  
  料金 3,500円(1ドリンク付き)



【月曜シャンソンコンサート】

  「重唱(お熱い)のはお好き?」第2弾!! (仮名)

    日時 4月4日(月)開場18:00 開演18:30 
 
  会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                                      (東急本店裏手)

  出演 村上 リサ、戸川昌子、 NERO、他
 
  伴奏 中上香代子

    料金 3,500円

  ご好評につき、再演決定!!
  つづら薫さん、川島豊さん、長谷川智子さんたちとともに、2重唱や4重唱が盛りだくさんな、スペシャルなコンサートです。                                  

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



おはようございます、村上 リサです。


今年に入って、幸いにも2つの素敵なコンサートを聴かせていただく機会に恵まれました。


一つは、私が今月25日に、出演させていただく、「月曜シャンソンコンサート」を主催する、「青い部屋」の支配人でもあるNEROさんのコンサート。

スクリーンショット (154)


今回はアルバムの発売を記念して行われたライブで、昼と夜の入れ替え制。


私は、昼の部に参加させていただきました。


洗練されたスキのない身のこなし、感動的で丁寧な歌唱が舞台に栄えます。


ギタリストとして参加されたローリーさんの演奏や、ピアニストの中上香代子さん率いるお馴染みのバンドのメンバーの演奏もさえわたり、心地よい時を過ごさせていただきました。


私、村上リサも、25日の「月シャン」のへの出演に向けて、気持ちが高まって来ました!



もう一つは、森山良子さんの「デビュー50周年イヤー~スタート記念&バースデーパーティー」、「50年を5時間半で・・・?!」です。


驚いたのは、いつもの繊細かつ大胆で洗練された演奏はもちろん、その曲数の多さです。


何と、50曲!!

スクリーンショット (155)

写真[2]



開演が午後1時で、終わって会場を出るとき時計を見たら、何と午後7時10分を回っていました。


途中に休憩が3回入り、4部構成で、そのどれもが当然ながら、軽く歌い流す「捨て歌」も一切なし。


失礼ながら、これほどの曲数を一度に歌い続けることができる歌手が、本当にデビュー50周年を迎える方であろうとは、信じがたいです。


2部では、従兄妹に当たられるムッシュかまやつさんや、仲のいい歌手仲間のイルカさんも「なごり雪」を歌って花を添えていらっしゃいました。


5時間半ではなくて、実際は6時間を超える長丁場で、聴く側も気持ちの良い疲労感と、年齢を言い訳にせず、真剣勝負の良子さんの心意気とサービス精神に圧倒ざれた一日でした。


これって、長いことで有名なワーグナーのオペラ、「ローエングリン」よりも長かったです。


しかも基本的に、一人で出ずっぱりの舞台でありながら、・・・。


これには舌を巻きました!!!!!


よく集中力が切れないものだ!


自然体のまま、あれだけのクォリティーを維持できるとは!!


すごいものを見てしまった!いや、体験した!!


これで私も、さらにエネルギーは満たされ、浄化され、自分が出るコンサートまでの残りの日々を、心身ともに充実して歌い込み・調整して最高の形で舞台に臨みたと強く思いました!


頑張ります!


よろしくお願いいたします。


※チケットの残りわずかです!


スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21



フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

緊急告知です!

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

    日時 1月25日(月)開場18:00 開演18:30 

  会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                                     (東急本店裏手)
 

  出演 村上 リサ、戸川昌子、 NERO、他
 
  伴奏 中上香代子

    料金 3,500円


NEW
【ラフォーレ ライブ】
 素敵な仲間のハーモニーライブ

  日時 2月16日(火) 開場14:30 開演15:00

  会場 ラフォーレ(杉並区阿佐ヶ谷北2−13−16 小林ビル1F)

  出演 村上リサ(Vo)・エミ小堺(Vo)・アリア(Vo&ナビゲーター)・
      豊嶋裕子(P&Vo)
  
  料金 3,500円(1ドリンク付き)



【月曜シャンソンコンサート】

  「重唱(お熱い)のはお好き?」第2弾!! (仮名)

    日時 4月4日(月)開場18:00 開演18:30 
 
  会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                                      (東急本店裏手)

  出演 村上 リサ、戸川昌子、 NERO、他
 
  伴奏 中上香代子

    料金 3,500円

  ご好評につき、再演決定!!
  つづら薫さん、川島豊さん、長谷川智子さんたちとともに、2重唱や4重唱が盛りだくさんな、スペシャルなコンサートです。                                  

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



おはようございます、村上 リサです。


今日は、ライブの宣伝をさせていただきます!


まず、間近に迫っているのが、約一週間後(1月25日)に行われる、「青い部屋」の月曜シャンソンコンサートです!


今回は、「青い部屋」では、6曲中、初めて歌う曲を3曲用意する予定です。


ようやくしつこかった気管支炎が徐々に治ってきて、調子も上がってきて、いい感じです!


日々の練習でも、高音がだいぶ楽になってきました。


今回も、つづら薫さんとご一緒させていただき、とても楽しみです。


お席も、干若余裕がございます。



そして、急遽入ったのが、2月16日(火)に行われる、阿佐ヶ谷「ラフォーレ」の「素敵な中のハーモニーライブ」です。


上にも書いておきましたが、平日の昼間です。


何曲かハモりの曲を取り上げたいと思います。


共演は、エミ小堺さん、アリアさん、豊嶋裕子さんです。


阿佐ヶ谷の「ラフォーレ」は数年前に夜のライブに出演しました。


その時とは、内装が変わり舞台が新しくなり、客席のスペースも広く、音響も良くなりました。


そして、以前の椅子は背もたれがなくて座りづらい場合があったようですが、去年のリニューアルに合わせて、背もたれのある、座りやすい椅子に変わり、より快適にライブを楽しんでいただけるようになりました。


とても感じのいい空間です。


リニューアルのパーティーでは、お招きいただいて2曲ばかり歌わせていただきました。


「青い部屋」や「シャンパーニュ」同様、「ラフォーレ」で歌うリサの歌もどうぞよろしくお願いいたします。


こちらは、チケット制ではありませんが、リサにご連絡くださるか、当日の飛び込みも大歓迎です。


忙しくなってきました!


みなさま!寒い日々が続きますが、頑張っていきましょうね!

スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21


【村上リサ ホームページ】


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

独白

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

    日時 1月25日(月)開場18:00 開演18:30 

  会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                                  (東急本店裏手)
    料金 3,500円 


【月曜シャンソンコンサート】

  「重唱(お熱い)のはお好き?」第2弾!! (仮名)

    日時 4月4日(月)開場18:00 開演18:30 
 
  会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                                 (東急本店裏手)
    料金 3,500円 

  ご好評につき、再演決定!!
  つづら薫さん、川島豊さん、長谷川智子さんたちとともに、2重唱や4重唱が盛りだくさんな、スペシャルなコンサートです。                                  

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



おはようございます、村上 リサです。


「明けまして、おめでとうございます!」という時期は、もうだいぶ過ぎたようにも思われます!


皆さま、新年はどのようなスタートをされたでしょうか?


今年最初のブログ(メール)になります!


私の方は、昨年末から、気管支炎を患ってしまい、年末年始の歌い込みは、残念ながら思うようにできませんでした。


もう次のステージの、「青い部屋」の「月曜シャンソンコンサート」が1月25日に迫っています。


何よりも早い体調の回復と、本格的な歌い込みを行いたいところです。



ところで、今年は性転換手術をしてから区切りの10年目。


女性になりたくてなりたくて、一念発起して、性転換。そして、性別変更。


長く続けてきた教師を辞め、その後ニューハーフダンサーに。


4年半の間、20代の子達と一緒に飛び跳ねながら、苦しいことや嬉しいことを経験し、無事卒業。


案の定、長いダンサー生活ではなかたけれど、これがなかったら、私は本当に、「ただのバカ教師」で一生を終えていたことともいます。


本当に笑いと涙の4年半でした。


その後、私の人生はやはり、「歌」に回帰したのでした。


もう若くはない!


今から、新しいジャンルに挑戦できるほど人生は長くはない。


そして、今は女性として生きているという状況。


ニューハーフという特別なショーケースではない、リアルな世界。


男も女も特別扱いなく勝負するシャンソン・カンツォーネの世界。


若い頃に身につけた発声の技術やオペラ、オラトリオ、リートのコンサートでの経験を生かして、勝負できるのはやはり歌の世界。


歌に転向して、5年目の節目の年。


がむしゃらにやってきた。


ドレスを着て、美しいソプラノの声とも、貫禄あるベテランのシャンソン歌手とも違う、男性声楽家の声そのもの。


最初は、物珍しさも加わって、皆様に温かいお声かけをたくさんいただきました。


その後、歌の調子は上がっているけれど、ちょっとお客様が聴いていて疲れてくるのを実感。(声を張り上げすぎか?)


それと、声と見た目のギャップ、・・・。



それは悩みますよね。


歌以外の、自己プロデュースにおいてです。


ドレス姿で、男性声楽家の声。


いろいろ悩みつつ、試行錯誤。


もう、ドレスは着る必要ないかな・・・。


性転換していようが、いまいが、戸籍上女性だとか男性だとか、・・・・。


それよりも、一番自分のやっていることが自然に見えて、自分の良さを最大限に活用できる方向で、皆様のために、歌で楽しんでいただく方法を工夫したほうが近道かな?



声と見た目のギャップ。


確かにインパクトはあるけれど、・・・。


驚きは一瞬、感動は永遠!


いいんじゃないか!もう、無理に女性歌手にこだわらなくても、・・・・。


ああ、言ってしまった!・・・・苦しかった!


もちろん、戸籍を男性に戻して欲しいわけでもなく、性転換したことを後悔しているわけでもないけれど、・・・・。


奇をてらわず、自然体で歌っていけば!



今年からの、村上 リサ。


どうぞ見ていてください!


スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21


【村上リサ ホームページ】


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

| メインページ |

最近のコメント