» 2016 » 4月のブログ記事

先生、・・・!

| ブログ | | 2件のコメント

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-

【ライブのお知らせ】

【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!)

会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
(東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他

伴奏 中上香代子

料金 3,800円

 

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


フェイスブックページ

===========================================

おはようございます、村上 リサです。

もう、ニュースでご存知の方も多いことと思いますが、私のシャンソンの恩人のお一人である、戸川昌子先生が昨日(4月26日)、午前5時47分、永眠されました。

安らかに、眠るように旅立たれたそうです!

歌手仲間からのメッセージで、お知らせをいただき、直後はショックで、崩れそうになりました。

昨日はちょうど、シャンソン・カンツォーネ教室の生徒さんのご指導が始まる直前だったのですが、何とか気を張って乗り切った次第です。

私のシャンソンの舞台の公式デビューは先生の「青い部屋」で、それ以来、ずっとお世話になってまいりました。

思えば、先生との出会いは、ショーダンサーを卒業したばかりの、2011年の9月に、ショーレストランのお客様のお一人から、「これからシャンソンの世界でやっていきたいのなら、紹介したい人がいます!」とお誘いを受けて、「月曜シャンソンコンサート」にお客として聴きに行ったのが最初でした。
当時、まだシャンソンを数曲しか知らなかった私にとって、まさに貫禄のステージに圧倒されたのを覚えています。
コンサートが終わって、正式にご紹介を頂いて、「何か歌ってごらん」と言われて、たまたま持っていた声楽の曲(イタリア物)を歌ったように記憶しています。
当時、伴奏譜にコードの記号をつけておくのが常識ということも知らないような状態でした。
全く聴いたこともない、しかもコードも付いていない曲をぶっつけ本番で弾かされる、ピアニストの中上さんも、さぞ大変だったことと思います。
もちろん、うまく合わせることはできませんでしたが、マイクなしで、ありったけの声を振り絞って張り上げたのを覚えています。
すると、先生は「あなたが声がいいのはよくわかった!今は、出演者が埋まっているので、来年の1月にデビューしなさい!」と言ってくださいました。
ショーダンサー引退直後で、「本気で、この道で頑張っていこう!」と覚悟が決まった瞬間でした!
そして、2012年1月16日(月)の「月曜シャンソンコンサート」で、記念すべきデビューとなったわけです。
緊張の舞台が終わると、先生自ら「ようようようよう!よかった!!」と温かい労いのお言葉をくださいました。

「その言葉」、「その響き」が今も心の奥に焼き付いて、大きな自信になっています!!

スクリーンショット 2016-04-27 1.57.32

 

その後もキンケロシアターで行われた「シャンブル・デ・シャンソン」の舞台にも出させていただき、一流の歌手の方々と共演させていただいたりと、たくさんのチャンスをくださいました。
でも、その頃は、すでに人知れず闘病しながら、舞台に立ち、背中でシャンソン歌手の心意気を示してくださっていたのですね!
ここ最近は、入院等で、「月曜シャンソンコンサート」でお会いできないのが残念でしたが、今年の1月のネロさんの「ソロコンサート」で、お元気そうなお姿を拝見して、少しですがお話できたのが嬉しかったです。
お別れは、悲しいですが、先生からいただいた様々な経験、舞台人のあり方を心に据えて、私も、命ある限り、歌い続けられる歌手になります!

先生、・・・・、ありがとうございました!
安らかにお眠りください!

 

【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介し

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!) 
 
会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,800円
       

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



フェイスブックページ


===========================================

おはようございます、村上 リサです。


地震から、十日以上がたちました。


被災した皆様の一日も早い復興と、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りする毎日です。


ボランティアに行くこともできない現状、やはり義援金と、今できる自分の仕事を、精一杯頑張るしかないように思います。


それが、5年前の、東日本大震災の時に、悩んだ挙げ句、出した答えでした。


義援金はあの時と同じ、「日本赤十字社」です!


公立中学校の教師時代に、生徒会の顧問をしたときに、その学校が「JRC(青少年赤十字)」に加盟していた関係で、ボランティアの講習を受けたこともあり、募金の窓口というと、まず思い浮かんだからです。


金額は微々たる物ですが、少しでもお役に立てればと・・・、ある意味自己満足かもしれませんが、・・・。


今の私には、・・・。


やはり、頑張るしかないですね。


祈りつつ、・・・・。


スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21



フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!) 
 
会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、戸川昌子(自由出演)、 NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,800円
       

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



フェイスブックページ


===========================================

おはようございます、村上 リサです。


月曜シャンソンコンサートの「おあついのはお好き?vol.2」が終わって、10日がたちました。

次の、「月シャン」は7月18日(月)、「海の日」になります。

もちろん、その他にも歌っておりますが、シャンソニエへの出演は、ちょっと間が開きます。

9月にはさらに大きなホールで歌う予定ですが、これはまだ、告知をすることはできません。

「解禁」になったら、お知らせいたします。


さて、前回のライブは、事前の練習と、ライブ直後に某テレビの取材を受ける機会がありました。

ショーダンサー時代は、バラエティーへの出演が何度かあり、それが、教師時代の教え子や、お世話になったたくさんの方への「現状報告」になったりもしました。

ニューハーフダンサーということもあり、大きく取り上げていただいたこともありました。

また、取材をたくさんしても、オンエア時には、ほんの数分だけのこともありました。

さて、今度の放送では、多少なりとも使われることがあるのかどうなのか、・・・。

ちょっとわかりません。

ただ、忙しいライブ直前の練習に、取材許可を出してくださった歌手仲間の皆さん、ライブ会場にカメラが入ることを許してくださった支配人のNEROさん、取材を受けてくださった、教え子の方々に感謝しております。

自分はともかく、せっかく協力してくださった人たちのためにも、「少しは出てくれるといいな!」と思います。

そして、まず、この仕事をくださった、前の事務所でお世話になった、ディレクター(プロデューサー)の方にも感謝する次第です。

後は、自分の力ではどうにもならないので、考えない方が良さそうです。

本当に、テレビ番組は、たくさん出たときは、「もっと皆様に宣伝しておけばよかった」と思い、気合いを入れて宣伝したのに、あまり出なかったときなどは、逆に恥ずかしい思いをするものです。

「なるようになれ!」ですね。

忘れていた方がいいのかも。(笑)


さあ、今日は別のライブ会場の下見です!


スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21



フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

 「重唱(お熱い)のはお好き?」 VOL,2

日時 4月4日(月)
開場 18:00 開演 18:30 
 
会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、戸川昌子(自由出演)、 NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,500円

お熱いのはおお好き?



ご好評につき、再演決定!!
つづら薫さん、川島豊さん、長谷川智子さんたちとともに、2重唱や4重唱が盛りだくさんな、スペシャルなコンサートです。                                  

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



フェイスブックページ


===========================================

おはようございます、村上 リサです。


さあ、いよいよライブ当日になりました。


1月から、時間をかけて仕上げてきた舞台を、張り切って、落ち着いて(笑)務めたいと思います。



そうですね。


今回は、クラシック出身の共演者の皆様との2重唱や4重唱の多いプログラムとなっています。


重唱・・・。

多くの方が中学校で経験する合唱コンクール。(教師時代が懐かし~いっ!)


ソプラノ、アルト、男声の混声3部合唱が一般的ですが、3年生になると男声もテノールとバスに分かれて混声4部合唱に挑戦すくクラスもあったことでしょう!


その合唱と重唱の違いとは何か・・・?


合唱はそれぞれのパートが2人以上で成り立っているのに対して、この「重唱」というのは各パートが1人ずつで歌われる演奏形態を意味します。


それから、カルテットというのは4人で演奏する曲や、グループを表しています。


1人で演奏することをソロといいます。


2人で演奏するのは楽器ならデュオ、歌らなデュエットですね。


3人は、・・・、これは簡単、・・・、トリオですね!


4人はカルテット。


では、5人は、・・・・・・?


正解は、クインテットです。


音楽には、いろんな演奏形態がありますね!


さあ、今日はソロ、デュエット、そしてカルテットのプログラム。


盛りだくさんの楽しいプログラム。


前回、曲数が多すぎて、「長すぎるのではないでしょうか?」とのご意見もいただき、今回は大幅に改善、精選したプログラムでお届けいたします!


頑張ります!!


【追伸】
「月曜シャンソンコンサート」、「重唱(おあついの)はお好き?」いよいよ今日です!
たくさんのチケットのご予約、ありがとうございます!
頑張ります!

スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21



フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

生身の身体だから!

| ブログ | | コメントはまだありません

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

 「重唱(お熱い)のはお好き?」 VOL,2

日時 4月4日(月)
開場 18:00 開演 18:30 
 
会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、戸川昌子(自由出演)、 NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,500円

お熱いのはおお好き?



ご好評につき、再演決定!!
つづら薫さん、川島豊さん、長谷川智子さんたちとともに、2重唱や4重唱が盛りだくさんな、スペシャルなコンサートです。                                  

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


【村上リサ ホームページ】


フェイスブックページ


===========================================

おはようございます、村上 リサです。

歌のお話になります。


「歌っていて、調子がよくないな」と思ったとき、どんなことが考えられますか。



風邪による不調や歌いすぎによる喉の疲労。


ブレスをコントロールする、腹筋や背筋等の疲労。


お腹が痛かったり、睡眠不足等も含めて「体調が万全ではない」ということは、歌を歌う上で、とても大きな影響があります。


さらに、この時期だと、花粉症による鼻水・鼻づまり、喉の痛みなども気をつけなくてはいけませんね。


これらをすべてクリアした上で、他には何が考えられるでしょうか?


意外と見落としがちなのが、筋肉の凝りや疲労です。


私もつい先日、練習中にどこが悪いのかわからないのだけれど、数日間、日を追うごとに声に伸びがなくなり、「練習しているのにどうして思うように声がコントロールできないのか?」と心配になるほどのストレスを感じたことがありました。


高音や強い声は出せて、歌は歌えるのだけれど、声に柔軟性や伸びが全く感じられないのです。


部屋の音響が変わったわけでもないし、練習に使うピアノを変えたわけでもありません。


じっくり考えてみると、肩や首や背中の筋肉がバリバリに張りがあり、硬くなっているのに気づきました。


そう、生身の体が楽器なのですから、スポーツ選手のように、全身の筋肉をしなやかに保っておかなければならないのです。


考えてみたら,しばらくマッサージに行っていなかったんです。


もちろん、体のメンテナンス用に、首や肩のマッサージ器(簡易式)も持っているし、背中の筋肉を柔らかくほぐすために、「中山式快癒器」も持っているのですが、・・・・。


やはり、人の手で、丁寧に揉みほぐしてもらうのにはかないません。


行きつけのマッサージ店に行って、90分かけてじっくりほぐしてもらってきました。


すると、翌日からは、見違えるように、「声を長く伸ばしているのがきもちいい~」幸せな練習が復活しました。


歌い手にとって、自分の体をよくわかってる、腕のいいマッサージ師さんや、整体師との出会いも大切なことなのです。


さあ、本番も近いことだし、今日はマッサージに行くとしましょうか!


皆様も仕事に集中しやすくなるかも知れませんよ!!


【追伸】
「月曜シャンソンコンサート」、「重唱(おあついの)はお好き?」が来週に迫ってきました。私も、気合いを入れて練習する毎日です。
いつも、たくさんの皆様に聴いていただける喜びに満ちて、歌と向き合える日々に感謝しつつ!


スクリーンショット 2014-09-04 1.32.21


【村上リサ ホームページ】


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

| メインページ |

最近のコメント