» 2016 » 5月のブログ記事

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-

【ライブのお知らせ】

NEW
【昼下がりのシャンソン】

日時 6月19日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)

出演 村上リサ  水出京人  MARIKO

伴奏 川端暁義

料金 3,500円

 

【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!)

会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他

伴奏 中上香代子

料金 3,800円

 

【昼下がりのシャンソン】

日時 10月2日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円

※素晴らしいソプラノ、みやざきすみこさんとジョイントさせていただきます!

 

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


フェイスブックページ

===========================================

おはようございます、村上 リサです。

先週、27日(金)は生徒さん主催の、貸し切りのソロコンサートでした。

弾き語り6曲、立ち歌で14曲。

 

体調はベストではありませんでしたが、熱い声援に後押しされて、楽しい演奏会になりました。

 

温かい手作りのコンサートに、可能な限り頑張ることができて、爽やかな疲労感と充実感を充分に感じることができました。

 

本当におかげさまと感謝しております。

 

 

そして、昨日29日(日)は中学校の音楽教師時代の教え子の方が不定期に開いているお店で、バングラデシュのお料理をいただいてきました。

 

私が食べたのは、バングラデシュの「?」(淡水魚)が入ったカレーでした。

 

バングラデシュのテーブルマナーに従って、スプーンは使わずに、初めて素手(右手)でカレーを食べました。

 

お料理を素手で取って食べるのは、日本食ではお寿司とおにぎりぐらいしか思い当たりませんが、熱々のカレーとお米(長粒種)を素手で絡めて、すくって食べるのは、食べ物の温かさと柔らかさを、まず、指先や手のひらで感じてから、口の中の味と食感を楽しむ感じで、だんだん病みつきになってきました。

 

不思議な体験で、楽しいひと時でした。

スクリーンショット 2016-05-30 1.18.59

 

食べ終わって、爪を見ると、ピンクのネイルが「ゴールド」になってました! ww

 

 

【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-

【ライブのお知らせ】
 
NEW
【昼下がりのシャンソン】

日時 6月19日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円


【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!)

会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他

伴奏 中上香代子

料金 3,800円

 
【昼下がりのシャンソン】

日時 10月2日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円

※素晴らしいソプラノ、みやざきすみこさんとジョイントさせていただきます!

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


フェイスブックページ

===========================================

おはようございます、村上 リサです。  
               

おひさしぶりです!
               

最近、ライブのお知らせがまばらになっておりますが、ブログ等で告知させていただいている以外にも、いろいろと出演させていただいております。
               

5月は27日(金)にすでに満席をいただいております、(ほぼ貸し切りに近い)ソロライブがあります。
               

「弾き語り」が6曲と、「立ち歌」が12曲です。
               

気持ちも、日々高まってきました!!
               
               

そして、6月のライブ出演は、19日(日)の新宿の老舗「シャンパーニュ」の「昼下がりのシャンソン」、そして、7月は18日(月)の「青い部屋」の「月曜シャンソンコンサート」とつながっていきます。
               

新しい曲も準備して、頑張ろうと思っております!
               

そうぞよろしく、お願いいたします!
               
               

さて、今回のライブについてです。
               

シャンソニエ(シャンソンが聴けるお店)でトリ(最後の出演者)を取らせていただいたことはありますが、一人でやるのは初めてです。
               

とはいっても、クラシックをうたっていたころに、ソロリサイタルは経験がありますので、全くの初めてというわけではありません。
               

・・・・あっ、忘れていました。
               

シャンソン・カンツォーネ歌手に「転身」してから、2年目ぐらいだったか?
横浜のライブレストランで、全曲弾き語りの「クリスマスコンサート」を1人で務めたことがありました。
               

もう、ずいぶん前のことのように感じます。
               

細かいミスをしてしまい、「痛い思い」をしたので、鮮明に覚えています。
               
               

気づけば、ダンサーをやめて、歌い手に「転身」してから、5年目を迎えていました。
               

あんなに長いと思っていた、ダンサー時代より長くなっていました。
               

時の経つのは本当に早いものですね!
               

ますます頑張らねば!!

               

 

【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-

【ライブのお知らせ】
 
NEW
【昼下がりのシャンソン】

日時 6月19日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円


【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!)

会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他

伴奏 中上香代子

料金 3,800円

 
【昼下がりのシャンソン】

日時 10月2日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円

※素晴らしいソプラノ、みやざきすみこさんとジョイントさせていただきます!

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


フェイスブックページ

===========================================

おはようございます、村上 リサです。  
               

Facebook(フェイスブック)を使っていて、困ったことがあります。
               

最近、友だちから、Facebookの機能の一つで、Poke(「ねえ、ねえ!」というような意味)をされたので、あいさつ代わりに「(当然1回だけ)」お返しをしました。
               

すると、数日後、その方から「5回連続でPokeがありました!」とお知らせが入っていました。

               

「もらったらお返し」が基本なので、また「1度だけ」Pokeをしておきました。
               

さらに、数日後、同じ方からまた複数回、Pokeがありました。
               

こんなに何度もあると、心配になってきます。
               

「何か悩み事があって、こちらから声をかけてほしいのかな?」と思って電話で連絡を取ってみました。
               

すると、その人は驚いたように、「リサさんからも複数回Pokeがあった!」とのことです。
               

さらに、直接には、一度しかお話したことのない、Facebook上のお友達からは、何と22回もPokeがあったのだそうです。
               

これは、何らかのシステム上の誤作動ではないでしょうか?
               
               

ということで、他にも私から複数回、Pokeが行っている方がおられるのではないでしょうか?
               

はっきり申し上げておきますが、それは、私がしたものではありません。
               

基本的には、私からPokeすることはまずありませんし、いただいたPokeには、一度だけ返すことがほとんどです。
               

もちろん、見落として、お返しできない時もありますが、・・・。
               

どなたかに、ご迷惑がかかっていなければいいのですが、・・・!
               

原因がわからなくて、とても不安です!
               

もしかしたら、他にも私と同じような方がおられるのではないでしょうか?
               

分けが分からず、気をつけようもありませんが、こういうことも実際に起こっているのですね。
               

早く、解決してほしいものですね!
               

 

【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-

【ライブのお知らせ】
 
NEW
【昼下がりのシャンソン】

日時 6月19日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円


【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!)

会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他

伴奏 中上香代子

料金 3,800円

 
【昼下がりのシャンソン】

日時 10月2日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円

※素晴らしいソプラノ、みやざきすみこさんとジョイントさせていただきます!

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


フェイスブックページ

===========================================

おはようございます、村上 リサです。

先日のことですが、とても美しいパソコンの壁紙(デスクトップの絵として)があったので、ダウンロード。

まず、Windowsパソコンに入れて、その後、同じ物をMacBookProにもダウンロードしたところ、聞き慣れない警告音と共に、「ウィルスに感染しました!」というお知らせが!

あせりました。

パソコンを乗っ取られるか?

アマゾンの通販の時に使う、クレジットカードの番号を盗み取られるか?

今まで作ってきた、大事な楽譜のデータが破壊されるか?

心配は尽きません。

気づくと、大事な楽譜のデータや様々な大切な資料などが勝手に、ゴミ箱に移動しています。

戻しても戻しても、次から次へとゴミ箱へ行ってしまいます!

Windowsでも、マックでも。

こういうときは、仕方がありません。

すべてのデータをバックアップしてから、全消去して、OS(オペレーティングシステム)を最初から入れ直すしかありません。

万全を期すには、これが一番手っ取り早くて確実なのだそうです。

昨日、やっと、その作業が終わらせたところです。

Macは治りましたが、Windowsは未だに黒い画面から元に戻っていない状態で、小型のWindowsタブレットで何とか凌いでいる状態です。

それにしても、インターネットの世界はとても便利ですが、悪意のある、犯罪行為を平気で行う人がいるものですね。

当然のことながら、私もそうですが、ほとんどの人は、そのようなことはやってはならないと思っていることでしょう。

しかし、実際にやっている人がいるのも事実。

現に、今回のような被害は日常たくさん起こっていることでしょう。

セキュリティするアプリを更新していなかったことが一番まずかったのかと反省していますが、・・・いや、一番悪いのは悪意を持って犯罪行為に手を染める輩。

絶対に、許してはいけませんね!

とりあえず、私たちのできることは、防御するアプリを入れること。

私を含めて、一般人には、それしかできませんね!

みなさまも、どうぞ、お気を付け下さい!

戸川先生のお通夜、告別式の哀しみから、やっと立ち直りつつあったところで、また、つまづきました。

でも、今度はしっかりと心のリセットです!

 

【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-



【ライブのお知らせ】


【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 (いつもより、少し早い開始です!) 
 
会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他
 
伴奏 中上香代子

料金 3,800円
       

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。



フェイスブックページ


===========================================

おはようございます、村上 リサです。


先日、亡くなられた戸川昌子先生のお通夜と告別式の日程のお知らせをいただきました。

スクリーンショット 2016-05-02 1.03.34



謹んで、参列させていただきたいと思っています。


ところで、戸川先生に年齢も近い私の両親。


急にというわけではありませんが、共に過ごせる時間がとても貴重に思えて、この連休中に2泊で、群馬の実家へ行ってきました。


いつものように皿洗い。


これは、毎日の「床磨き」の代わりに、実家へ戻った時の私のルーティン。


そして、心臓の手術をしている父にはできないのですが、母の首や肩をマッサージすること。


これも大事な親孝行!


いつもより、気合を入れて、・・・・。


と、思ったら、「く、苦しい!絞め殺す気か?」と母の絞り出すような声、・・・。


「やっ、やばい!気合が入りすぎた!」


首がとても凝っていたので、両手で同時に内側に力を加えたのが悪かった!


それでは片手ずつ。


今度は「いてててて・・・・」とうめき声が!


硬く凝っている首を、一気にほぐそうとしたために、力が入りすぎたようです!


張り切りすぎて、いつもと違うことをすると、ろくなことはありません。


これは、大きな舞台で歌う時の教訓として、母から身を以って教えてもらったと言えるでしょう。


大ケガをさせなくてよかった!


ホッと胸をなでおろした次第です!


【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】



先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!



フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

最近のコメント