» 2016 » 7月のブログ記事

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-

【ライブのお知らせ】


【シャンブル・デ・シャンソン】

  青い部屋✕キンケロ・シアター

日時 9月2日(金) 開場18:00 開演18:30
      9月3日(土) 開場12:30 開演13:00
      9月3日(土) 開場17:00 開演17:30
      9月4日(日) 開場12:30 開演13:00

会場 キンケロ・シアター

料金 6,800円

※有名な歌手の皆様との共演です!

シャンブル5 001

【昼下がりのシャンソン】

日時 10月2日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円

※素晴らしいソプラノ、みやざきすみこさんとジョイントさせていただきます!

______________________________

 

おはようございます、村上リサです!

 

去る、18日(月)は、サラヴァ東京で行われた、青い部屋の、「月曜シャンソンコンサート」に出演してまいりました!

 

おかげさまで、喉や体も絶好調で、自分になりには、持てる力は全て発揮できたコンサートになりました。

 

音響の担当の方が交代されたようで、今回の方も、歌っていてとても良い返し(歌いながら確認できる自分の声等)を頂き、囁くような弱音から、張りのある高音まで、楽しく駆使することが出来ました。

 

伴奏の中上香代子さんの、とても歌いやすい伴奏にサポートを頂き、共演の皆様や、なんといってもお客様の温かい拍手・ご声援に載せられえて、演奏家冥利に尽きる、至福のときを共有させていただきました。

 

心から感謝しております!

 

 

さて、そのライブの日も、昨日も、今日も続けているのは、家の周りの歩道のゴミ拾い。

 

おもに気になるのは、タバコの吸殻です。

 

以前も書きましたが、ちょうど歩行者用の信号機があることも影響してか、待っている間に吸い終えたタバコを捨てていくようです。

 

日によって、とても少ない日も有りますが、多い日は20本近く拾うこともあります。

 

放置しておくと、加速度的に増えていく可能性があります。

 

人は心理的に、最初から散らかっている場所では、「散らかしているのは、自分だけではない!」とか「最初から汚いわけだし!」とか思い、捨てることへの罪悪感が薄れて、悪いことをすることへの、心のハードルが低くなるようです。

 

だから、道を通る人に、なるべく「汚い歩道に見せないように!」という思いも込めて、一日に2~3回も、片付ける場合もあります。

 

当然、良くないのは、公道(歩道)に平気で捨てる人。

私も、ゴミや吸い殻が、あまりにもたくさん落ちている日には、怒りの感情に駆られることも確かにあります。

 

「他人(ひと)の家の前だと思って、ふざけやがって、・・・・!」とか。

 

でも、よく考えてみると、こういうふうにゴミを拾うことによって、自分の心が鍛えられているわけですよね。

 

修行だと思うといいかな。ちょっと大げさだけれど、・・・。

 

 

きれいになった歩道を眺めて、自己満足ではありますが、「少しでも自分の行動が、人の役に立っている!」と思うと、清々しい気持ちになることも良くあります。

 

最近は、その心の満足感を得たいので、余計に外出の度に歩道に目を凝らすようになっています。

 

こういう清々しさを、ゴミを平気で捨てている人にも味わってもらえれば嬉しいのですが・・・!

 

そうすれば、その後、気持よく人と会ったり、よりよい仕事もできると思います。

 

 

自分に関しては、結局、怒りの感情に任せて、苛立ちながらゴミを拾うのと、清々しい気持ちで拾い終わるのとでは、「気持ちのあり方」に雲泥の差がでてきますよね。

 

その後人に会ったり、仕事見向き合ったりするときに、この差は大きいと思うのです。

 

「どんなに正しいことであっても、怒りや恨みの感情から行動を起こすのはよくない!」という言葉には、こういう理由があったのですね。

 

逆に言うと、こういう間接的努力を続けることで、自分の心が清められて、その清らかな心で他人と接することが、人間関係を良くして、人間的にも魅力が増していくようにも思えてきます。

 

苛立っている人と接するのは、誰でも気持ちのいいものではありませんし、・・・ねぇ。

 

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


フェイスブックページ

===========================================

おはようございます、村上 リサです。

【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
ーーー
20世紀の初頭、世界中のオペラハウスを席巻した伝説のテノール歌手、エンリーコ・カルーソー(カルーゾ)。
アメリカのメトロポリタン歌劇場での成功やレコード録音の普及によって彼の名声は、頂点を極めます。
そして全盛期を過ぎたある日の公演中に、彼は吐血して倒れます。
喉頭がんでした。
そして、故郷のナポリに戻って、ソレントの海が見える高級ホテルで静養していたと伝えられています。

この歌は、自らの死を悟った彼が、どこへ行くにも一緒だった娘(恋人?)との別れと諦観を歌っています。
彼は、沖の船の長く尾を引くスクリューの白い筋に、自分の栄光と苦しみの人生を、重ね合わせて見ていたのかもしれません。
「今度の旅にだけは、お前を連れて行けない!」

———————————————————————-

【ライブのお知らせ】

【月曜シャンソンコンサート】

日時 7月18日(月) 「海の日」です!
開場 15:30  開演 16:00 

   (いつもより、少し早い開始です!)

会場 サラヴァ東京 渋谷区松濤1−29−1 B1
                              (東急本店裏手)

出演 村上 リサ、NERO、他

伴奏 中上香代子

料金 3,800円


【シャンブル・デ・シャンソン】

  青い部屋✕キンケロ・シアター

日時 9月2日(金) 開場18:00 開演18:30
3日(土) 開場12:30 開演13:00
3日(土) 開場17:00 開演17:30
4日(日) 開場12:30 開演13:00

会場 キンケロ・シアター

料金 6,800円

※有名な歌手の皆様との共演です!

シャンブル5 001

【昼下がりのシャンソン】

日時 10月2日(日)開場14:00 開演14:30

会場 シャンパーニュ 新宿厚生年金会館跡地前
          (スギ薬局地下)
料金 3,500円

※素晴らしいソプラノ、みやざきすみこさんとジョイントさせていただきます!

「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。


フェイスブックページ

===========================================

おはようございます、村上 リサです。

 

青い部屋の「月曜シャンソンコンサート」が迫って来ました。

 

今回も、たくさんのお客様にご予約を頂いております。

 

心より御礼申し上げます!!

 

と同時に、身が引き締まる思いです。

 

頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

ところで、最近、Facebookを見ていると、たくさんのお友達の歌手たちが華々しく活躍するご様子が、連日報告されています。

 

連日の大活躍!!

 

「すごいな!」と思うと同時に、私も「もう少しライブを増やしてもいいかな?」、と思ったり、いや、「月に1~2回のライブにとどめて、教える方に専念したほうがいいかな?」と思ったりすることもあります。

 

でも、現役の歌手であるかぎり、「自分の演奏に専念できれば、・・・。」とは、誰もが思うことでしょう。

 

しかし、ここは、「今、自分の向き合うべき問題」を直視して、頑張ることが大切だと改めて思う次第です。

 

「仮に、人のことが羨ましいとか、そういうふうに思えたとしたら、・・・、それは、今自分がやるべきことに全力で取り組めていない証拠」と聞いたことがあります。

 

人の寿命が、人それぞれに違った形で与えられているのと同じように、歌手人生や、ボイストレーナー・歌唱指導の教師としても人それぞれ。

 

そこは、「自分自身の描いた夢に向かって、日々、専念できているかどうか?」ということが大切。

 

「仕事と思うな!人生と思え!!」

 

ライバルや敵を、外に求めているうちは、どんなに頑張っていても、仮にどんなにその時の結果が良かったとしても、結局、心の奥は満たされない。

 

「敵は誰ですか?私です!」

サボったり、弱気になったり、逃げてしまう「弱い自分」と戦い続けなくては、・・・・。

 

「それができなければ、『人を喜ばせること』など到底できるものではない」・・・・・・、か!

 

確かに、そうですよね!

 

さあ、今日も、力みすぎずに、共に頑張って行きましょう!

 

 

【デビューの日の青い部屋ニュース(動画)】

先生とNEROさんは、デビューしたばかりの私を温かく、皆様に紹介してくださったのでした!感謝です!


フェイスブックページ

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

最近のコメント