【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲!
————————————————————


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

みなさま、おはようございます。村上リサです。

大変みなさまに、ご好評戴いております「『日本を元気にするシンガー』村上リサのブログ」。

私も、気合いを入れ、時にはホッとするような内容を心がけて書いております。

今回、今までのブログの中から特にご好評だったベスト5を発表したいと思います。

やっぱり、第1位はあの記事でした。

どうぞ、ご覧下さいませ。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

【ライブの告知の訂正とお詫び】

みなさま、ライブ告知につきまして大変な間違えをしておりました。

後から出演が決定致しました、夜のシャンパーニュのライブですが、7月ではなくて、6月1日(土)になります。関係者の方から違うのではないかと、お問い合わせがあり、改めて確認を致しましたら、1ヶ月もずれておりました。
申し訳ありませんでした。m(__)m

どうぞよろしくお願いいたします。

【村上リサ 人気ブログベスト5】

※題名をクリックすると、そのブログのページに跳びます。

第1位   批判を気にしない(翌日の記事とセットで)

第2位   徒然なるままに・・・・、本番前に思う

第3位   舞台人としての成長

第4位   舞台人としての成長(2)

第5位   過去最高の日を思い出す

第5位   楽譜を作りながら思うこと

それでは、本日のお話しです。

実は、少しばかりのどの調子を落として、数日間、のどを休ませておりました。

久しぶりに、十分な時間を確保し、じっくりと歌い込むことができました。

ときどき、以前といいますか、学生時代、あるいは卒業したての頃は、歌をないと技術的に後退することを恐れて、無理をしても歌うようにしていました。

風邪で喉がつぶれていようが、気管支炎でゼイゼイ言おうが、お構いなしの、年中無休。

気合いを入れすぎれ、余裕もなければ、自分の歌を客観視することもなく、ひたすら声を大まくっていました。精神的にはその方が安心したのかもしれません。

先輩に、無理すると「声の質を悪くするよ」と言われたのですが、練習を休むことの方が怖くて、その恐怖感で、取り付かれたように練習の日々でした。

あまりにひどくなって、声楽家が多く通う耳鼻咽喉科の先生に見てもらって、ドクターストップがかかりました。

このまま、やり過ぎると、音声障害を起こし、本当に歌えなくなるとのこと。

さすがに、これ以上無理できないと悟って思い切って休むことにしました。

強制的に、1ヶ月以上は休んだでしょうか。

咽喉科の先生から、OKが出て、久しぶりに歌ったときには、発声練習からして、力のバランスがわからなくなって、初心者に戻ったような感覚で、上手いも下手もない。

「声がまともに出せない」というか「出し方をすっかり忘れ手しまった感じ」でした。

もう二度と戻ってこないかもしれない。「あの声」。悲しさともどかしさで本当に落ち込みました。

でも、一日、二日と練習を繰り返すうちに、だんだん、以前の声が戻ってきました。

でも、練習を休むと、「もう二度と歌えなくなるのではないか」という不安に苛まれるもの。 

特に、本気で取り組めぼ取り組むほど、この手の不安はつきものです。

でも、本当は違うのです。

明らかに、調子を崩している。または、喉の具合が悪いとわかったなら、思い切って休むといいのです。

酷くならないうちに、2~3日でいいから。

ここで無理すると、私のように本当に1ヶ月以上の中断を余儀なくされます。

本当に気をつけてほしいと思います。

また、歌い終わった後、ちょっとオバーワークを感じたなら、のどの炎症止めを飲んでおくのもおすすめです。

リサは、学生のときから、ゼリアの「養陰清肺」を飲んでいます。

今も飲んでいて、ライブのは必ず持っていきます。

喉が痛いときは、「フニッシュコーワ」。

痰が絡まないように、「クララ」。

のどを潤すために、「龍角散ののど飴」は必ず携帯しています。

歌を歌うのに、あまり神経質になってはいけないのですが、本当に、良くない状態になっているときには、それを察知する力も必要です。

何回か失敗して、咽喉科通いをするうちに、「この状態なら大丈夫」だとか、「この状態は本当に大変」だとか、「放置すると危険だからすぐに医者に行こう」などのように、自分の喉の状態のことがわかってきます。

リサは、どうしても歌えないときは、ピアノの伴奏やお気に入りの曲を弾いて、音楽から遠ざからないようにしています。

間違っても「小声で歌う」のは止めましょう。

小声でも、喉には負担がかかります。

学生時代に、「大変上手な方で、酷い咳を一晩中してしまい、一夜にして素晴らしい声が失われた」という話をきいたことがあります。

命と同じように、自分にとって1つしかない、大切な声。

大事にしたいですね!

明日は、「休養明けの久しぶりの練習再開」について書いてみたいと思います。 


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

【今日の一曲】 「見よ 恐ろしい火を」   歌 フランコ・コレルリ

このブログでも、何度も歌手を変えてお聴きいただいている、ヴェルディの「イル トロヴァトーレ」から「見よ恐ろしい火を」。
何と言っても、決定版はこのフランコ・コレルリの歌ったCDです。
最後「High C」の声も申し分なく、その前の「all’armi」「武器を、武器を…」と歌いだすところも、普通は楽譜通りに2回歌うのですが、コレルリは何と3回も歌っています。
リサはこのCDや同じ役をカラヤン指揮で同じ役を歌ったライブのCDも両方ありますが、こちらの方がはるかに調子がいいです。
カラヤンの盤ではオペラには珍しく例外的にこの部分は半音下げて歌っていて、伸ばしも短目です。
ちなみに、父はこの録音より、カラヤン指揮のライブの方が迫力があって好きだそうです。

追伸
「今日の一曲」で歌っている、フランコ・コレルリは圧倒的な声と容姿で、一時代を築いたテノール歌手でした。
若き日のアンドレア・ボチェリがレッスンに通ったり、昨日ご紹介したフランッコ・ボニゾッリもファンの一人だったと聞きます。 
コレルリが亡くなった翌日に、17歳年下のボニゾッリも亡くなったそうです。
リサは、この二人のフランコが大好きです。

本日も最後までお読み戴き、ありがとうございました。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ ←こちらを、クリックお願いいたします!!

【村上リサの人気ブログベスト5】

※題名をクリックすると、そのブログのページに跳びます。

第1位   批判を気にしない(翌日の記事とセットで)

第2位   徒然なるままに・・・・、本番前に思う

第3位   舞台人としての成長

第4位   舞台人としての成長(2)

第5位   過去最高の日を思い出す

第5位   楽譜を作りながら思うこと 【リサのライブ予定です】
(お問い合わせは「メッセージ」からお願い致します)

6月1日(土)
「シャンパーニュ」
開場 pm6:30  
場所 新宿 シャンパーニュ

※一ヶ月間違っておりました。6月1日でした。失礼致しました!!

6月17日(月)
「月曜シャンソンコンサート」   
開場 pm6:00  
場所 渋谷 SARAVAH東京

7月27日(土)
「昼下がりのシャンソン」
開場 pm2:00  開演 pm2:30  
場所 新宿 シャンパーニュ

【村上リサライブ動画】

フェイスブックページ


人気ブログランキングへ  ←こちらを、クリックお願いいたします!!

ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

最近のコメント