危機感持って開き直る

| ブログ | |

【カルーゾ】

※喉頭癌に倒れた伝説のオペラ歌手、カルーソーの晩年をテーマをにしたカンツォーネ!恋人(娘)へ別れと、諦観を歌い上げるルチオ・ダッラの名曲! ———————————————————————-


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ  ↑ よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!(たくさんの、ボーカリストたちの素敵なBlogがたくさんありますよ!!頑張っているボーカリストたちのBlogを、どうぞよろしくお願いいたします!) たくさんのみなさまの読者登録、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します!



【ライブのお知らせ】

スクリーンショット 2014-08-24 7.30.42

※踊りはありません!


9月20日(土)   昼下がりのシャンソン(シャンパーニュ)

開場 PM 2:00  開演 PM2:30

会場 シャンパーニュ(新宿)

料金 3,500円

※9月3日(水)は阿佐ヶ谷のシャンソニエ、「ラフォーレ」にゲストとして発登場!ご期待ください!!

スクリーンショット_2014-08-14_10_33_06



「お問い合わせ」(← ここをクリック) は、こちらのペーか、または、 figaroh010101@gmail.comまでメールをくださいませ。

【「セカンドブログ」始めました!!!】このブログの長文に対して、超短文です! お時間のあるときにでも覗いてみて下さい!

href=”http://murakamirisa.seesaa.net”>http://murakamirisa.seesaa.net


スクリーンショット_2014-05-26_4_13_52


【村上リサの「発声のレポート」が無料レポートスタンド「スゴワザ」の、すべての分野を含めた、「総合」でも第1位を獲得しました!!!】たくさんのダウンロードをありがとうございます!こちらのブログからでも、ホームページ経由で差し上げておりますし、「レポートスタンド」からでもお受け取りになります。これを読んだ方たちが、実際に私の実践する歌唱技術を駆使して、歌の表現をしてくださるかと思うと、本当に嬉しく思います。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

スクリーンショット 2014-03-19 1.39.36



詳しくは、こちらの無料レポートスタンド「メルぞう」の、「e-Book」からダウンロードして下さいませ。 http://urx.nu/8tMt 一人でも多くの人々のお役に立ちますように!!



ホームページを、少しだけリニューアルしました。よろしければ、覗いてみてください。 【村上リサ ホームページ】 「お問い合わせ」 は、こちらのページをご覧くださいませ。

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ  ↑ よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!!


みなさま、おはようございます。村上リサです。    



劇的な激しい曲を歌うとき、声を力で押し上げてもなかなかうまく行かないこともありますが、声の輪郭を一回り小さくすることによって、難なく歌えることもよくあります。

昨日まで書いてきたこと。

冷静に計算する「理性」と熱く燃えるような「情熱」。

そのちょうどいいバランスが大切ですね。

船に舵とエンジンがあるように。

伴奏者が盛り上げてきたら、それにうまく乗って一緒に盛り上がらばいい。

けれど、それが自分の限界に近かったら、そのまま行ったら後の高音でどうなるのか?

もっと強く歌わなければならない時にどうなるか?

そのあたりは、冷静に計算して、必要があれば上手にピアノ伴奏者や、指揮者・楽団員に感じてもらって、自分の領域を超えないように注意深く丁寧に歌っていくことが大切です。


さて、理由は何であれ、うまく歌えなかったという事実は、真摯に受け止めなくてはなりません。

表現力どうの以前に、きれいな声でメロディーに沿って音を並べる作業、いわば基礎技術の段階で破綻をきたしているという意味なのですから。

特に、すでに歌い込んであり、得意としている曲であっても、次のライブを前にして、上手く行かなかったということは、正直言って少しはショックも残るもの。原因と対策はわかっていても、・・・。

ジョルジョ・ムスタキ作曲、矢田部道一訳詞の劇的な曲。

ストーカーまがいの、情熱ありすぎるジプシーの若者が、大好きな女性に「いつかお前は、俺のもの、死が訪れたならお前も道連れ・・・」と口説く、激しい歌。

最後の高音に至まで、激しく劇的。

昨日の練習で、いつもの練習室で、いつものように発声練習。

しっかり歌いこんで、最後は余裕を持って長々と伸ばすことが出来ました。

とりあえず一安心。油断はいけないけれど!

耳が馬鹿になって、大きく歌おうとして、自分のバランスさえ失わなければ大丈夫!

8月28日の銀座「カンツォーネ ピウ」も1年半ぶりだし。

9月3日の阿佐ヶ谷「ラフォーレ」は今回が初出演。

初めての会場や、久しぶりの会場。

いずれにしても、歌い慣れた場所ではありません。

自分のペースを守って練習したのなら、後は自分を信じるしかない!

やってきたことが半端な練習なら、そこまで行っても不安を拭い去ることはできない。

精一杯やったのなら、「これ以上できない!これで間違えたとしても、悔いはない!いや、上手くやりたい!!」

そう思えるようになれば、大丈夫!

必ず上手く行きます!

舞台は、何度やっても緊張が伴いますが、慣れてくると、それもある種の快感。

舞台の期間が開いてしまった時には、緊張も大きくなったりすることがあります。

危機感を持ったら、後は開き直ることですね!


前年に大活躍した、プロ野球のバッターでさえ、今年は一本もヒットを打てなくなってしまうのではないか?」と思うことがあるそうです。

また、ピッチャーも同じで、前年いくら活躍しても、開幕前には、「今年は一生もできないのではないか?」という不安に陥る人もいるようです。

そのぐらい、危機感を持っているのだと思います。

この危機感。


とてもだ大事なことだと思われます!

 【「セカンドブログ」始めました!!!】 このブログの長文に対して、超短文です! お時間のあるときにでも覗いてみて下さい! http://murakamirisa.seesaa.net

フェイスブックページ  人気ブログランキングへ   ↑ よろしければ、こちらを、クリックお願いいたします!! ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

最近のコメント